ガセリ菌SP

「ガゼリ菌SP」またの名を「長くとどまる乳酸菌」。すごい菌だとは思ってはいましたが、一体どこにどのくらい、とどまることができるのでしょう。日本人のおなかから発見されたというガセリ菌。日本人と共に生きるガセリ菌SPのその底力を紹介します。

管理栄養士の水谷さん

解説/管理栄養士・水谷俊江さん

30~40代の大半を南米・北米で生活したことで日本人の食文化の偉大さを痛感。帰国後は、美容クリニックや企業でのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わる。現在は健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとして活躍中。

ガセリ菌とは

ガゼリ菌SP株は雪印メグミルク(旧雪印乳業)によって日本人のおなかの中から発見されました。2001年、世界で初めて「食べた後、人の腸に生きたまま定着する」ことが科学的に証明された菌。ガセリ菌SP株の名前のSPは発見した雪印乳業の頭文字(Snow Porobiotics)からとったものです。

食べ物から体内に取り込まれる乳酸菌の多くは、腸に届くまでに胃酸などにより死んでしまうといわれていますが、ガセリ菌SP株は生きて腸まで届き、しかもそこに長くとどまります。長期戦で善玉菌を増やし、戦力を増やして悪玉菌と戦っていけるということですね。

研究によって明らかになっている、ガセリ菌の効果

インフルエンザの感染をガード
ガセリ菌SP株を経口投与したマウスとガセリ菌SP株を投与しなかったマウスにインフルエンザウイルスを経鼻感染させたところ、ガセリ菌SP株を投与しなかったマウスに比べて、投薬したマウスのウイルス感染後の生存率が高くなりました。

免疫力を上げる
224名の健康な人を対象として、ガセリ菌SPとビフィズス菌SPのヨーグルトを12週間食べた後の検査ではウイルスや腫瘍をやっつけるNK細胞の活性が高くなりました。

メタボ予防&ダイエット効果
肥満傾向の人に1日200gのガセリ菌SPを含むヨーグルトを12週間摂取してもらったところ、平均で内臓脂肪面積が4.6%、皮下脂肪が3.3%減少しました。

生きたまま腸まで届くから、腸内環境を整え、便秘を予防
ガセリ菌SP株を7日間摂取後、90日が経過しても半数の人の便からガセリ菌SP株の生菌が検出されました。さらにガセリ菌を摂取している間は便から腐敗物質が減って便性の改善がみられました。ガセリ菌はヒト腸管内で安定し、腸内環境保護に役立つと考えられています。

コレステロール値を下げる作用
コレステロールの一部は腸管の中で乳酸菌に吸着されて体外に排泄され、コレステロール値が下がるという作用があります。

ピロリ菌に打ち勝つ
ヘリコバクターピロリ菌感染者229名を対象に、ラベプラゾール、アモキシリン、クラリスロマイシンの3種薬剤に加えて、ガセリ菌入りのヨーグルトを1日あたり112gの量で4週間飲用した結果、ピロリ菌を根絶率が高かったことから、ガセリ菌はピロリ菌駆除および胃潰瘍予防効果を持つと考えられています。

ガセリ菌摂取のポイント

管理栄養士の水谷さんからの1ポイントアドバイス

ガセリ菌はマウスの実験で老化の原因菌を減らしたり、細胞のDNAに変異を起こす物質を抑制する力が確認されています。
またガセリ菌は小腸で働くので大腸で働くビフィズス菌などと組み合わせた商品も多く、より多様な効果が期待できます。ガセリ菌とビフィズス菌がタッグを組んで悪玉菌に挑む戦士のようですね。

ガセリ菌でもっと善玉菌を増やすには?

上記の通り、ガゼリ菌は善玉菌を増やし長期的に腸内環境を整える強い味方です。

そもそも、なぜ善玉菌を増やさなければいけないのでしょうか?

善玉菌が増加すると、消化吸収を助ける役割を持つ酵素が生成されます。酵素が足りず消化しきれなかった食品は、悪玉菌の絶好のエサです。酵素不足は悪玉菌の増殖をまねき、腸内環境が悪くなります。つまり悪玉菌を増やさないために、善玉菌を増やす必要があるということです。

善玉菌を増やしたい人は、直接「酵素を増やす」ことで、より腸内環境改善へ近づくでしょう。現代人の食生活は加工食品が多く、ただでさえ酵素が不足しがちです。サプリメントなどを用いて効率よく酵素を摂取しましょう。

ゆるゆるうんちは改善する?
腸内環境に作用する酵素サプリのパワーを検証

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ