フェカリス菌

実は現在、生きたまま届く乳酸菌よりも、効率的に腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が注目されています。それがフェカリス菌です。生きて届かない、「死菌」より確実に腸内環境を改善できるというその驚くべき効果を紹介します。

管理栄養士の水谷さん

解説/管理栄養士・水谷俊江さん

30~40代の大半を南米・北米で生活したことで日本人の食文化の偉大さを痛感。帰国後は、美容クリニックや企業でのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わる。現在は健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとして活躍中。

フェカリス菌とは

EC-12株はヒトの体内から抽出して加熱処理を行い乾燥させた乳酸球菌です。殺菌されている菌なので生きて腸に届くことはありませんが、腸内の善玉菌のえさとなるので善玉菌の活性をサポートします。

非常に小さな球形の乳酸菌のため、少量で多くの乳酸菌が摂取できます。その数なんと1gで5兆個です。摂取する乳酸菌が生菌でも死菌でも、菌数が多いほど高い効果が期待できます。

品質保持や多量摂取という観点からも、生きた乳酸菌を大量に食品に添加することは容易ではありませんが、フェカリス菌は殺菌されているからこそ、加工や品質保持できるというメリットがあり、顆粒状のサプリメントとしても手軽に摂取することができます。

研究によって明らかになっている、フェカリス菌の効果

がん細胞の増殖を抑える作用に期待
信州大学の実験では人間の体内にあるフェカリス菌そのものの働きを調べました。その結果フェカリス菌にはがん細胞を作る物質の活動を弱め、また体外に排出する働きがあるということが、わかりました。このことからもがんの進行を抑えるということが期待できます。

花粉症の症状の緩和
NPO日本健康増進支援機構の花粉曝露試験施設で行った検査において「鼻かみ回数」「眼のかゆみ」では飲用開始前と比較して飲用後で症状の軽減の差が認められ、「鼻づまり」「流涙」では、改善する傾向が認められました。辛い花粉症の症状が緩和できると嬉しいですね。

整腸作用
腸の中は常に善玉菌と悪玉菌が勢力争いをして、日和見菌は強いほうに加勢しています。便秘になると便をえさにして悪玉菌が増えていき、悪玉菌の吐き出す毒素が病気の原因を作ります。更に便秘の原因になります。便秘はどんどん腸の環境を悪くしてしまいます。フェカリス菌は善玉菌のえさになります。
沢山のえさを腸にばらまかれ、それを善玉菌の代表選手ビフィズス菌が食べて腸の中で乳酸と酢酸を作ります。酢酸によって腸の中は弱酸性になり、腸の動き(蠕動運動)が高まって排便を促して便秘を解消します。

フェカリス菌摂取のポイント

管理栄養士の水谷さんからの1ポイントアドバイス

フェカリス菌の特徴はサイズが小さいこと。顆粒状に加工されているため一度に多くの乳酸菌を摂取できるというのはスゴイことなのです。生きたまま腸まで届く乳酸菌(善玉菌)が腸まで届いてもそこでえさが豊富でなければそこにすみつくことはできません。

一方たくさんのえさに囲まれていたら腸に届いた善玉菌が定住することができるということですね。腸内環境を改善するためにはビフィズス菌だけを摂取するよりもフェカリス菌と組み合わせて摂取するほうが、より高い効果を期待できます。

フェカリス菌でもっと善玉菌を増やすには?

上記の通り、フェカリス菌を摂取すると効率よく善玉菌を増やすことができます。

そもそも、善玉菌を増やさなければいけない理由はなんでしょう?

善玉菌が増えると、消化吸収を助ける作用のある酵素を生成します。酵素が足りないと食品が消化しきれません。悪玉菌は、消化不良でのこった食品をエサに増殖します。酵素不足が悪玉菌増殖をまねいた結果、腸内環境悪化させます。つまり悪玉菌を増やさないために、善玉菌を増やす必要があるということです。

善玉菌を増やしたい人は、「酵素を増やす」ことも腸内環境改善への近道となることを覚えておきましょう。加工食品の多い現代人の食生活は、ただでさえ酵素が不足しがちと言われます。サプリメントなどで、効率よく酵素を取り入れると良いでしょう。

ゆるゆるうんちは改善する?
腸内環境に作用する酵素サプリのパワーを検証

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ