ビフィズス菌

「生きて腸まで届く!」と言えばすぐ思い浮かぶビフィズス菌。腸に良い!ということは知っているけれど、なぜ体に良いのでしょうか?
科学的に証明されているビフィズス菌の働きや効果、あなたの体に合うビフィズス菌の選び方を紹介します。

管理栄養士の水谷さん

解説/管理栄養士・水谷俊江さん

30~40代の大半を南米・北米で生活したことで日本人の食文化の偉大さを痛感。帰国後は、美容クリニックや企業でのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わる。現在は健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとして活躍中。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は1899年にフランスのパスツール研究所で、乳児から発見されました。ビフィズス菌は増殖する時に、V字やY字に枝分かれした形になります。その独特のカタチからビフィズス菌(bifidus=枝分かれの意)と命名されました。

研究が進み1957年、東ドイツの研究者によって成人の腸内にもビフィズス菌の存在が確認されるとともに、それが腸内細菌の中の最優勢菌であることが明らかになりました。

私たちの腸の中には、100~1000兆個もの細菌が存在するといわれています。性質の違いで「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3つに分けられます。中でも体に良い働きをしてくれる「善玉菌」、善玉菌の99.9%がビフィズス菌です。

近年ではビフィズス菌は他の乳酸菌と区別されるようになっています。乳酸菌は「乳酸」を多量に作り出す菌のことです。一方ビフィズス菌は「乳酸」と「酢酸」を作り出します。「酢酸」には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

研究によって明らかになっている、ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は株によって、個性色々、働きも色々です。それぞれの研究によって明らかになっている効果を紹介します。

腸美人になる!便秘の予防と解消
ビフィズス菌が産出する「乳酸」と「酢酸」は腸内を弱酸性に保ち、善玉菌を増加させる環境をつくります。また「乳酸」と「酢酸」は腸の蠕動運動を高め、便の水分を調節するので便秘症状の改善につながります。
おすすめ株:BE80株、FK120株、GCL2505株、HN019株、JBL01株、SBT2928株、ブレーベ・ヤクルト株

病気をはねかえすパワー
Bb-12株を用いた発酵乳の摂取は、牛乳を摂取した場合よりもウィルスや病原菌を見つけてやっつける免疫担当細胞の活性が高まり、発酵乳の摂取をやめると摂取前に戻るという傾向がみられました。
おすすめBb-12株、BB536株、HN019株、JBL05株、LKM512株、SBT2928株

花粉症やアトピーなどアレルギー症状の緩和
JBL05株を摂取すると、アレルギー活動を活性化させる物質が減少するという報告があります。このことから、アレルギー症状の抑制が期待できます
おすすめBB536株、JBL05株、LKM512株

殺菌力の強さで食中毒を防ぐ
あらかじめマウスの腸にBB536株を定着させておくことで感染が抑制されたという報告があります。
おすすめBB536株、SBT2928株

胃腸の炎症を緩和させる
胃の粘液はストレスなど様々な刺激から胃を守る働きをしています。BF-1株は胃の中の粘液すなわちネバネバ物質であるムチンに高い接着性を持っています。マウスにBF-1株を投与すると、胃の中のムチンの産出が増えます。粘液が増えることによりストレスやたばこなど様々な刺激からの抵抗力がアップします
おすすめBF-1株、SBT2928株

美肌力をあげる。保湿力はヒアルロン酸に匹敵
JBL05株は菌体外多糖(EPS)を産出します。EPSはネバネバした物質。顔や上腕内部に塗る実験では肌に保たれる水分量が増えることが確認されています。
おすすめJBL05株、ブレーベ・ヤクルト株

ビフィズス菌摂取のポイント

管理栄養士の水谷さんからの1ポイントアドバイス

便秘予防にヨーグルト!ヨーグルトはビフィズス菌。こんな公式を思い浮かべるほど有名すぎるビフィズス菌には、実は便秘予防だけでなく様々な働きがあったのですね。
ビフィズス菌の個性も色々ですが、人の腸内細菌も超個性的!ビフィズス菌との相性も人それぞれ。気になる症状のおすすめ株を2週間食べ続けてみましょう。そして自分に合うか腸に聴いてみてくださいね。

ビフィズス菌でもっと善玉菌を増やすには?

上記の通りヨーグルトを摂取し、ビフィズス菌を取り入れると善玉菌が増加し、体に良いこと尽くめです。

では、そもそもなぜ善玉菌を増やさなければいけないのでしょうか?改めて確認してみましょう。

善玉菌が増えると、消化吸収をサポートする酵素が生成されます。酵素不足で食品を消化しきれなかった場合、それは悪玉菌のエサです。酵素不足は悪玉菌の増殖につながり、結果、腸内環境を乱します。つまり悪玉菌を増やさないために、善玉菌を増やす必要があるということです。

善玉菌を増やしたい時は、「酵素を増やす」ことを意識すると、より腸内環境改善に効果的です。現代人は加工食品の摂取が多く、ただでさえ酵素が不足しがちと言われます。酵素サプリメントなどで効率よく摂取すると良いでしょう。

ゆるゆるうんちは改善する?
腸内環境に作用する酵素サプリのパワーを検証

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ