腸内環境を改善する方法が見つかるサイト » 腸内環境を整えるための菌トレ入門

腸内環境を整えるための菌トレ入門

管理栄養士の水谷さん

腸内環境の改善を目的とした製品には、さまざまな種類の乳酸菌が含まれています。現在、200種類以上はあるという乳酸菌ですが、その人の体質や腸の状況によって、合う菌と合わない菌があるそうです。

こちらでは、管理栄養士の水谷俊江さんに、たくさんある乳酸菌のなかでも注目の成分について解説していただきました。どんな菌があり、そしてどんな効果があるのかを知り、製品選びの参考にしてくださいね!

腸内環境の改善を目的とした製品に含まれる成分と効果とは?

腸内環境を改善することを目的とした製品に含まれている成分といえば、「乳酸菌」です。乳酸菌はさまざまな種類があり、その特徴も胃酸への強さや、体への作用の仕方もいろいろあります。
手軽さや聞いたことある成分だから…といった理由で製品を試す前に、どのような成分(菌)が存在しているのか、その成分が配合されているのはどの商品なのかを確かめ、製品を選ぶことをおすすめします。

BB536菌

BB536菌

世界で初めて、生きたまま腸まで届いたビフィズス菌が「BB536」です。ある時は悪玉菌をやっつけ、ある時は病気の進行を食い止め、またある時は免疫機能の異常な活動を抑えたるなど、さまざまな顔を持つBB536のパワーや働きを紹介します。

>> BB536菌の詳細はこちら

ガセリ菌SP

ガセリ菌SP

日本人のおなかから発見されたという「ガセリ菌」は、腸に長くとどまることが特徴の乳酸菌です。雪印メグミルク(旧雪印乳業)によって発見されて以来、日本人と共に生きるガセリ菌SPのその底力を紹介します。

>> ガセリ菌SPの詳細はこちら

ビフィズス菌

ビフィズス菌

腸内環境を改善してくれる菌といえば、すぐ思い浮かぶのが「ビフィズス菌」かもしれませんね。科学的に証明されているビフィズス菌の働きや効果、あなたの体に合うビフィズス菌の選び方を紹介します。

>> ビフィズス菌の詳細はこちら

フェカリス菌

フェカリス菌

生きたまま届く乳酸菌よりも、効率的に腸内の善玉菌を増やす乳酸菌として注目されている「フェカリス菌」。殺菌されている菌であるため、生きて腸に届くことはありませんが、腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌の活性をサポートします。確実に腸内環境を改善できるという、その驚くべき効果を紹介します。

>> フェカリス菌の詳細はこちら

EM菌

EM菌

EMとは、「Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)」を略した名称で、その名前のとおり、人間にとってよい働きをしてくれる微生物の集まりです。乳酸菌・酵母・光合成細菌を主体とした微生物たちが生み出した抗酸化物質が、病気にかかりにくい体へと導いてくれるといいます。話題のEM菌の特徴・効果を紹介していきましょう。

>> EM菌の詳細はこちら

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌

正式な名称は「ラクトコッカス・ラクティス」といい、主にチーズやヨーグルトの発酵に使われる乳酸菌の一種です。その名前の由来は、体内にある免疫細胞のひとつ「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化する乳酸菌ということから。ウィルスに強いという、その特徴や働きをご紹介します。

>> プラズマ乳酸菌の詳細はこちら

LGG菌

LGG菌

乳酸菌のなかでも、胃酸や胆汁酸に強く、腸までしっかり届くのがLGG菌です。腸内に長く留まり、持続性の高さが大きな特長。世界30ヶ国以上で活用され、最も研究が進んでいる乳酸菌である「LGG菌」の特徴、報告されている主な機能を紹介します。

>> LGG菌SP詳細はこちら

 
管理栄養士の水谷さん

■水谷俊江さんプロフィール
30~40代の大半を南米・北米で生活し、改めて日本人の食文化の偉大さを痛感。帰国後、美容クリニックや企業でのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わる。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとして活躍中。世界中、どこに行っても食べることが趣味。楽しく美味しく食べるため、健康とダイエットをライフワークと考えている。水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

 

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ