酵素が多い食べ物とは?

不足しがちな酵素を毎日の食事を通して補うことが、健康に繋がります。ここでは酵素が多く含まれる食べ物についてご紹介。身体を若々しく保つためにも、酵素が豊富に含まれる食べ物を積極的に摂っていきましょう。

酵素がたくさん含まれている食べ物とは?

野菜やフルーツ、発酵食品など、酵素を多く含む食品はさまざま。ここでは酵素が豊富に含まれる食材と酵素から得られる効果についてまとめました。酵素は熱に弱いため、高温の熱が加わると壊れてしまいます。効率的に摂取するために、どのような方法で食事に取り入れたらいいのかについてもまとめました。

その1.野菜類

酵素が多く含まれる野菜は、以下のものが挙げられます。

大根/きゅうり/ニンジン/小松菜/ブロッコリー/レタス/キャベツ/玉ネギ/トマト/パセリ/セロリなど

大根には、デンプンの分解をサポートする消化酵素「アミラーゼ」が含まれています。サンマやサバなどの焼き魚に大根おろしが添えられているのも、消化を助けるため。

きゅうりは「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素が含まれているため、ダイエット効果が期待できます。

全ての野菜にいえることですが、カットしてしまうと時間の経過とともに酵素がどんどん減ってしまう可能性が。野菜を購入する際はカットされていないものを選び、自宅でカットした後はできるだけ早く使うようにしましょう。

その2.果物類

酵素が多く含まれる果物は、以下のものが挙げられます。

キウイ/バナナ/パイナップル/リンゴ/パパイヤ/マンゴー/アボカド/オレンジ/グレープフルーツ/レモン

生で食べられるフルーツには、酵素が豊富に含まれています。キウイ・パイナップル・リンゴ・オレンジなどには美肌効果の高い「ビタミンC」や若返り効果を持つ「ビタミンE」がたっぷり。これらのフルーツにはタンパク質の分解酵素がたくさん含まれているので、肉や魚料理の後に食べるのがおすすめです。

バナナには整腸作用や脂肪燃焼作用、代謝促進作用が含まれています。黒い斑点が見られるバナナは、消化酵素とポリフェノールが結合して栄養価が高くなっている状態。見た目を気にせず食べてOKですよ。

その3.発酵食品

酵素が多く含まれる発酵食品は、以下のものが挙げられます。

納豆/味噌/醤油/塩麹/漬物/キムチ/ヨーグルト/チーズ

納豆は、脂肪分・タンパク質・デンプンなどの分解に優れている食品です。血液をサラサラにする効果もあるので、積極的に取り入れていきましょう。納豆以外にも味噌・醤油・塩麹・漬物などの和食には酵素が多く含まれています。

キムチには酵素と乳酸菌が豊富に含まれているので、乳酸菌で腸内環境を整えながら酵素の力で消化吸収をサポート。さらにキムチの辛味成分は代謝を高めてくれるので、ダイエットにも効果があります。

酵素の効果的な摂り方は?

酵素は摂取の仕方によって得られる効果が大きく変わります。せっかく食べるなら酵素をできるだけたくさん摂取したいもの。ここでは、酵素の効果的な摂り方を3つ紹介します。

その1.生で食べる

酵素は熱に弱く、46℃以上の温度で加熱されると壊れてしまいます。煮る・焼く・蒸す・揚げる・炒めるなどの調理は避けて、生で食べるようにしましょう。サラダ・酢の物・浅漬け・ナムル・コーンスローなどは簡単に作れるのでおすすめです。

また生で食べる際は、鮮度にも気を付けてください。包丁で切って細かくすると、断面から酵素成分が少しずつ減っていきます。

1人暮らしでひとつの野菜を使い切るのが難しい場合は、ミニ野菜を活用してみてください。プチトマト・かいわれ大根・ベビーリーフ・ブロッコリースプラウトなどは包丁を使わずに調理できますし、いろんな料理にも合わせやすいですよ。

その2.すりおろして食べる

酵素はすりおろして食べると効率良く摂取できます。野菜や果物をすりおろすと、野菜や果物の細胞膜が破れて、成分が外に染み出し酵素が活性化。カットして食べるよりも2~3倍の効果を得られると言われています。
さらに食べ物を細かくすりおろして食べることで、消化吸収しやすくなるというメリットも。

酵素成分をすりおろす調理法としてよく知られているのが「大根おろし」です。ほかにもリンゴをすりおろしてヨーグルトに入れたり、ニンジンや玉ねぎでドレッシングを作ったり、さまざまな活用法があります。利用しやすい反面、すりおろしたものは鮮度を保ちにくいので、長時間の保存はNG。できるだけ早く食べるようにしましょう。

その3.ジュースにして飲む

野菜や果物をミキサーに入れて、ジュースで飲むのも◎。特にニンジンやブロッコリーといった緑黄色野菜は、触感が固いうえに生のままだと味の主張が強いためそのまま食べるのが難しい食材です。ジュースはミキサーにかけるだけでOKなので、サラダを作ったりすりおろしたりするよりも短時間で簡単に作ることができます。仕事で忙しい人でも続けやすいはず。

野菜と果物を組み合わせることで美味しく飲めますし、いろんな味のバリエーションを楽しむこともできます。

気を付けて欲しいのは、鮮度を保つためにも一度に飲める分だけ作ること。また市販のフルーツジュースや野菜ジュースは加熱殺菌しているので、酵素はほとんど破壊されています。自分で生の野菜や果物をジュースにすることが大切です。

「仕事で料理をする時間がない」「野菜を毎日食べるのが大変」「野菜や果物を買っても、最後まで使いきれない」という人は、サプリメントで手軽に摂取しましょう。持ち運びもできるので、外出時でも手軽に摂取することができます。

酵素は継続して摂取することが最も重要です。毎日の食事で摂るも良し、サプリメントを飲むも良し。自分が続けやすい方法を選んでください。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ