酵素と腸の深い関係

腸と言えば乳酸菌で、酵素と腸内環境はそんなに深く関わらないのでは?と思った方は多いかもしれません。しかし、実はとても深い関わりがあるのです。

健康に関係する腸内フローラと酵素

腸内フローラという言葉、一度は耳にしたことがありませんか?腸内には「善玉菌」「悪玉菌」と、その他の「日和見菌」に大別される、5万種類ほどの細菌(微生物)が存在します。数はざっと1000兆以上と言われ、それらの腸内細菌が塊を持って腸壁に住んでいる姿がお花畑に見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

この腸内フローラの状態は、便秘や下痢など、腸の不調だけではなく、生活習慣病や精神疾患を含めて、健康に大きく関係していることがわかっています。そして美容健康上、重要なポイントは、腸内フローラを善玉菌優勢の状態で保つこと。しかし、理想通りにはなかなかいかず、難しいのが現実です。

荒れ模様になりがちな腸内フローラ。理想の状態にするには?

ストレス・加齢・食事などによって、腸内の細菌の集団である「腸内フローラ」はすぐに荒れ模様となってしまいます。その原因の一つとして挙げられるものが「消化不良」です。 腸内で悪さをはたらく悪玉菌は、胃腸で消化しきれなかったタンパク質を主な食糧としており、それらが供給されることによって次々と増殖していきます。 こうなると、腸内細菌の7割を占めると言われる日和見菌も、悪玉菌の方に加勢をして悪さを始めてしまいます。

タンパク質は肉類など、現代人に欠かせない食事にたっぷりと含まれていますので、現代人は悪玉菌を増殖させやすい食生活を送っていると言っても過言ではありません。 そこで、これ以上腸内環境を悪化させないためには、「未消化状態のものを作らない」ことがポイントとなります。 未消化のものを作らず、きちんと消化するために必要なものはなんでしょうか?そう、「酵素」です。

腸内フローラが良好な状態になっていると、たくさんの酵素を生産することができるので、正しく消化を行うことができます。そのうえ、残った酵素で免疫機能のサポート(免疫アップや新陳代謝の促進)を行うため、健康にとても良い状態が出来上がります。 反対に、腸内フローラが悪い状態の時は酵素がうまく生成できず、免疫機能のサポート力も低下し、すべてが悪循環となります。

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のそれぞれの役割

私たちの腸内には無数の細菌が住んでおり、腸内フローラと呼ばれる大集団を形成しています。その中でも、菌たちは「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つのタイプに分けることができます。 善玉菌は名前の通り、腸にとって良い働きをしてくれる菌のこと。腸内環境を正常化させ、ぜん動運動や老廃物の排出などをスムーズにしてくれます。 悪玉菌は善玉菌に対抗する菌で、普段は善玉菌と勢力を争うことで腸内のバランスを保っています。

しかし何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内環境はどんどん乱れていきます。腐敗物質が広がり、ぜん動運動が低下したり、便秘症を引き起こしたりと、トラブルの原因にもなってしまいます。 日和見菌は、普段は善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さない菌ですが、両者のどちらかに付くことから「日和見」という名前が付けられています。二つの勢力がうまくバランスを取るためには、日和見という存在も欠かせないものとなっています。

理想的な腸内環境

理想的な腸内環境としては、やはり善玉菌が優勢になっていることです。ただし悪玉菌や日和見菌がまったくいなくなれば良いというわけではなく、善玉菌が活動できる状態に整えておくのがベストです。 善玉菌が優勢になっているかどうかは、目で見て確認することはできません。ただし、一日1回以上排便ができないもしくは3回以上の軟便が続くような場合には、便秘や下痢など腸内環境に起因するトラブルが隠れていると考えられます。

このような場合、腸内環境を正常化するためには、普段から乳酸菌を意識的に摂取して腸内に善玉菌を補っていくようにします。 ただし乳酸菌は必ずしも生きたまま腸に届くわけではなく、途中で死んでしまうものが多いため、継続的に摂取し続ける必要があります。
乳酸菌の死骸をエサにして活動する善玉菌もいますので、どちらにしても善玉菌が活躍するためのエネルギーとして、乳酸菌を補う必要があるのです。

腸内フローラが荒れてしまう理由、改善する方法

腸内に住む細菌の大集団である「腸内フローラ」は、悪玉菌の増殖や日和見菌が悪玉菌に加勢することによって乱れやすくなります。この直接の原因としては、乱れた食生活や乳酸菌不足などが挙げられます。 腸は消化器官の一つなので、常に口から取り入れたものの消化吸収を行っています。しかしそこには、無数の細菌の協力も必要不可欠なものとなります。

腸内環境の乱れを防ぐためには、意識的に乳酸菌を摂取しながらバランスの良い食事を摂ること、さらには胃腸に負担のかかりにくい、消化吸収に良いものを食べるようにしましょう。

酵素の力をより得るために

常に体に良い食事を摂り、ストレスを溜めず、適度な運動をすることで、身体の酵素を活性化させて、腸内環境の維持に努めることは大切。しかし、日常生活の中で、これらを常に実践することは、かなり難しいと言えるでしょう。また、特に腸内のお悩みを抱えている方にとっては、できるだけ早く改善したいというのが本音ではないでしょうか。そのため、外部から酵素を摂取して、消化部門のサポートを行うことで、免疫部門へも手を回せるようにし、腸内環境も改善していくことが望まれるというワケです。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ