手作り酵素ドリンク

手作りで酵素ドリンクを作って健康を保っている人が増えているようです。ここでは春と秋の手作り酵素ドリンクを紹介しています。こちらで紹介する作り方はあくまで参考とし、手作りの講習会などで指導と受けてから作るようにしてくださいね。

手作り酵素~春~

冬が明けて暖かくなってくると、お花や野草がぐんぐん成長します。春の手作り酵素は野草で作ってみましょう!3月下旬~5月頃は特に植物が成長する時期。野草を採る場合はどこでどのようにして採るか、講習会でコツを教えてもらうといいでしょう。

冬の酵素の材料を紹介

タンポポ、ヨモギ、タラの芽、セリ、ツクシ、カンゾウ、オオバコ、スギナ、フキ、ウド、ツユクサ、月見草、ドクダミ、クレソン、クローバー、ミツバ、明日葉、スイバ、レンゲソウ、ナズナ等。

手作り酵素~秋~

「食欲の秋」と言われるほどおいしいものが沢山の秋は季節の農作物やフルーツを使いましょう。その際は輸入されたものを使用せず、国内で作られたものを使うようにしてください。また、有機農法で作られた食材を使うとよりおいしく健康によいドリンクを作れますよ。今回紹介するメニューで作った酵素ドリンクは1mlで4kcalです。

秋の酵素の材料を紹介

芋、人参、白菜、かぼちゃ、長いも、大根、キャベツ、サトイモ、ピーマン、とうもろこし、きゅうり、ナス、サツマイモ、セロリ、トマト、玄米、大豆、黒豆、麦、小豆、もやし、なし、リンゴ、柿、梅、メロン、ビワ、あんず、サクランボ等

手作り手順

手作り酵素ドリンクの材料を紹介したので、ここでは作る手順を紹介します。

  1. 材料を用意したら、水洗いします。あまり材料が空気に触れないように気を付けましょう。
  2. 材料をなるべく細かく刻み、正確に重さを計ります。重さを計るときは、容器の重さは抜いて図ってください。
  3. 材料を全て刻んだら、砂糖を入れて素早く混ぜ合わせましょう。酸化してしまわないようにスピードを意識して行ってくださいね。また、手袋をつけて、材料に手から菌が入らないように注意が必要です。
  4. 材料を入れた容器の上に新聞紙を置き、フタをしましょう。酵素は生きているため、密封すると膨らんでしまいます。そのため、フタは軽めに乗せる程度にし、日光が当たらない箇所で保管しましょう。また、風通しの良い場所だとベストです。
  5. 毎日容器の中を手で混ぜ合わせます。始めたばかりの1~2日は砂糖が底に沈み、硬くなることがあるため手を傷つけないよう注意しましょう。ゴム手袋を付ける、もしくは手を綺麗に洗ってから混ぜて下さいね。
  6. 約5~6日間漬け込んだら、ザルに取り出し絞っていきましょう。玉ねぎやミカンが入った網ネットでも可能です。ザルまたは網ネットは必ず熱湯消毒しておいてくださいね。
  7. 酵素を絞ったら別の容器に移しましょう。冷暗所もしくは常温で保管します。秋に作ったらあきのうちに、春に作ったら春のうちに飲みきれる量を作りましょう。

手作り酵素ドリンクを紹介しましたが、専門家が注意しているように手作りの場合、菌が繁殖してしまうこともあるため十分な注意が必要です。安全かつ確実に酵素を体内に取り入れるならサプリメントがおすすめ。酵素ジュースを自分で作るのも良いですが、酵素のパワーを最大限に受けたいならサプリメントを1度飲んでみるといいでしょう。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ