酵素ってどんなもの?

このページでは、酵素がどういう成分なのかご紹介します。酵素が減少することで身体にどのような悪影響が起きるかについてもまとめました。酵素の基本的な知識を知りたい人は要チェックですよ。

そもそも酵素って?

酵素とは食べ物の消化吸収や身体の代謝などを促進させる成分です。炭水化物からできており、体内に取り入れた食べ物の栄養を取り出してエネルギーに変えてくれます。免疫力を高める働きもあり、傷や病気を治癒する際にも大きく関わる酵素は、人間が生きるために欠かせない成分だと言えるでしょう。

酵素を多く含む食材は生野菜ですが、酵素は熱に弱く46~48度ほど熱を加えると破壊されてしまうため、加熱せずに生で摂取することが大切です。リンゴ・バナナ・オレンジなどのフルーツにも酵素が豊富に含まれています。日本人は欧米人に比べてフルーツを食べる習慣が少ないと言われているので、意識して積極的に摂取する必要があるかもしれません。

酵素の種類について

酵素は、体内にもともと存在する「潜在酵素」と、食べ物から取り入れる「食物酵素」の2つに分けられます。

なかでも潜在酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類が存在。消化酵素は体内に入ってきた食べ物の消化と吸収に欠かせない成分です。代謝酵素は身体の免疫力を上げて、ダイエットを促進したり病気を予防したりするのに効果があります。

「体内に酵素が存在するなら、食べ物から酵素を取り入れる必要はないのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし1日に作り出せる潜在酵素の量は決まっているため、体内で酵素が不足しないよう食物酵素で補う必要が。

もっとも分かりやすい潜在酵素不足のサインは「白髪」だと言われています。髪の毛の、色素を作るのに必要な「チロシナーゼ」という酵素が減ることで白髪に変化する要因ため、年齢を重ねるにつれて酵素が少なくなっていくことがわかります。

歳を重ねるごとに酵素を作り出す力が弱まるのは、人が一生で作り出せる潜在酵素の量が遺伝子によって決まっているため。加齢以外にも生活習慣やストレスが原因で減る場合もあるので、酵素は多くの人にとって意識的に摂取すべき成分だと言えます。

酵素を取らないとどうなるの?

酵素不足が原因で現れる症状をまとめてみました。以下のような症状が出ている人は、もしかすると酵素が足りていないかもしれません。

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 肌のくすみ
  • 目の充血
  • 下痢
  • 便秘
  • 寝つきが悪い

加齢が原因で代謝機能が低下

酵素不足によって引き起こされるのが「代謝機能の低下」。基礎代謝が低下する大きな原因は加齢です。人間は一生のうちに作り出せる潜在酵素の量は決まっているので、加齢とともに作り出せる潜在酵素の量は減少。さらに酵素は代謝よりも食べ物の消化を優先させる性質があります。加齢によって潜在酵素が減り、酵素が優先的に消化で使われる分、代謝機能が弱まると考えられるのです。

代謝低下は身体に悪影響

代謝が低下すると、肌の潤いやハリをキープするコラーゲンやエラスチンの生成が弱まり、シミやくすみ・ニキビが肌に現れやすくなったり、肌トラブルが治りにくくなったりします。

便秘や下痢も、酵素が不足することで腸内環境が悪くなることが原因の一つ。さらに腸内環境が悪化すると、免疫力が低くなり病気にかかりやすくなります。

潜在酵素の減少を防ぐためには、日ごろから酵素を積極的に摂取することが大切です。食物酵素で潜在酵素の働きを補うことができれば、身体の状態を若々しく保つことができます。食べ物から摂取するのが大変であれば、酵素ドリンクやサプリメントで摂るのも手軽でいいでしょう。毎日継続して酵素を摂ることが大切ですよ。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ