酵素と乳酸菌の違い

このページでは、酵素と乳酸菌にどのような違いがあるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

そもそも「酵素」「乳酸菌」とは?

酵素も乳酸菌も、腸内環境を健康に保つうえで、重要な働きをします。しかし、その作用や効果の特徴は、大きく異なるので、しっかり理解しましょう。まずはそれぞれの定義から説明します。

酵素とは

酵素は、アミノ酸で作られた、タンパク質の一種です。体内に摂取した栄養素と融合して、消化・吸収・分解を助け、老廃物を体外に排出する働きをします。生命を維持する過程で、これらの働きは欠かせないものなので、酵素は、とても重要なものであると言うことができます。ちなみに酵素と一口に言っても、その種類は多く、3000種類ほどあると言われています。

乳酸菌とは

乳酸菌も、非常にたくさんの種類があります。なぜなら、オリゴ糖やブドウ糖といった糖質を分解することで乳酸を作り、しかも腐らせない菌を総称して乳酸菌と呼ぶからです。ヨーグルトなどに入っているものや、腸の中にいるもの、口の中にいるものなど、全てが乳酸菌です。一番知られているのは、腸内細菌である乳酸菌かと思います。

作用や効果特徴の違い

タンパク質の一種である酵素と、菌である乳酸菌。そもそも異なる性質である両者の作用・特徴の違いを解説します。

酵素の作用や効果特徴

酵素には、潜在的に体の中に存在するものと、外部から摂取するものがあります。私たちが外部から摂取する酵素は食物酵素と呼ばれ、生野菜や発酵食品などに含まれています。そして、元々体の中にある酵素には消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素とは、食べ物を消化吸収するときに役立つもので、デンプンをブドウ糖にしてくれたり、タンパク質をアミノ酸に分解してくれたりします。一方で代謝酵素は、新陳代謝を促したり、免疫を高める、いらないものを排泄させる手伝いなどをしてくれます。
いわゆる消化不良の状態は、悪玉菌を増やす原因となり、腸内環境を悪化させます。酵素の作用により消化・吸収・分解を高め、代謝を促し、老廃物を出すことで、根本から腸内環境の改善が期待できるのです。

乳酸菌の作用や効果特徴

乳酸菌が作り上げる乳酸は、腸の中を弱酸性へ傾けてくれます。弱酸性というのは悪玉菌がとても嫌いな環境なので、悪玉菌を減らし、腸内環境を整えてくれるというワケです。結果、便秘や下痢の症状を改善したり、免疫力の強化が期待できます。しかし、乳酸は、菌腸内にそのまま住み着くことができず、体外に排出されてしまいます。つまり、乳酸菌は体の中で減り続けていくため、定期的に補給し続けることが欠かせないのです。

ただし、腸内の健康を維持するために、乳酸菌を補給するだけでよいかというと、そうではありません。そもそも栄養素が腸に送られる前段階で消化不良がある場合、たとえ善玉菌が増えても悪玉菌が減らないため、腸内環境はなかなか改善しないことになります。そんな時は酵素を補い、体内の消化・吸収・分解を高めるようにしてください。

酵素と乳酸菌はこんな方におすすめ

アミノ酸からつくられる酵素は、栄養素などの分解・消化・吸収になくてはならない存在です。酵素が足りていないと、消化プロセスが正常に働きにくくなってしまうため、便秘や消化不良などさまざまなトラブルを抱えるおそれもあります。 もう一つの乳酸菌については、腸内環境の正常化に深く関わる存在です。乳酸菌が不足すると、腸内に住む善玉菌は活動の範囲を拡げられなくなり、逆に悪玉菌と呼ばれる細菌が腸内環境を乱してしまいます。

現在ダイエット中の方や、腸内環境を正常化したい方などは、食品やサプリメントなどを上手に組み合わせて、積極的に酵素や乳酸菌を摂りいれることをおすすめします。

こんな方には酵素がおすすめ

酵素には、サプリメントタイプや粉末、ドリンクなどさまざまな製品が揃っています。いずれも酵素を摂取できる点では共通していますが、一緒に配合されている成分に合わせて摂り方を変える方法もおすすめです。 基本的に、バランスの良い食事が摂れている人には酵素が不足する心配はありませんが、野菜や果物などをあまり食べない場合や、ダイエット中で摂取カロリーを大幅に抑えなくてはならない場合などには、酵素を配合した製品がおすすめです。

食べすぎなどで、一時的に少食にする必要がある方などは、食事の代わりとして酵素を配合したドリンクなどに置き換えることもできます。食事は消化に一定の時間がかかりますが、酵素ドリンクに置き換えれば消化酵素を無駄に消費せずに済むので、新陳代謝が活発になっていき、健康維持に効果が期待できます。 酵素は基本的に誰にでもおすすめできますが、特に酵素が必要とされているのは、代謝や消化吸収効率が悪い人とされています。単なるダイエットではなく、代謝機能を改善したい、消化吸収をスムーズにしたいといった場合に、酵素を含んだ製品が活躍します。

また、酵素サプリメントや酵素ドリンクに一緒に配合されている成分にも注目したいところです。特に酵素ドリンクには野菜や果物がそのまま含まれているものもあり、栄養素が不足している時にぜひ取り入れたいアイテムです。 ただし酵素ドリンクにもさまざまな製品があり、栄養が十分に摂取できるものでなければ、栄養補給効果を得ることができづらいので注意が必要です。

こんな方には乳酸菌がおすすめ

乳酸菌は、腸内環境の改善を目的として摂取するものです。そのため、消化吸収や代謝というよりも、腸内に直接アプローチをしたい人に向いています。 食事についてはきちんと摂れており、栄養も足りているけれど、腸内環境だけが心配・・・という方には乳酸菌がおすすめです。乳酸菌には腸内に住む善玉菌の食糧になり、悪玉菌の勢力を弱めて老廃物を排出しやすくさせる効果があります。

普段から食事はしっかり摂れているけれど、どうしても頑固な便秘症や腸のトラブルがあって悩んでいるといった場合には、積極的に乳酸菌を補うようにすると良いでしょう。 人によっては、体質的な問題で便秘にかかりやすい方や、過敏性大腸症候群を長年患っている方、ちょっとしたストレスや飲食でお腹を下しやすい方など、さまざまな腸内トラブルを抱えていることがあります。

これらのケースに共通しているのは、いずれも腸内環境が乱れている可能性があるということ。食事からだけでは乳酸菌が不足していて、善玉菌が活動しにくくなっていたり、腸内が汚れっぱなしになっている可能性もあります。 腸内は目には見えないものではありますが、体の免疫力の7割を司っており、消化吸収にも深く関わっている場所です。普段から意識的に乳酸菌を摂って、汚いものをどんどん外に押し流してあげられるように、ケアをしていきましょう。

酵素や乳酸菌の摂取方法

酵素や乳酸菌は食事から摂取することもできますが、効率的に摂取する場合にはサプリメントなどの健康食品を使うこともできます。 飲み下しやすく、持ち運びも手軽なサプリメントをはじめ、さまざまな摂取方法がありますので、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

酵素の効率的な摂取方法

酵素の摂取方法には、大きく分けてドリンク(液体)・粉末・サプリメントの3種類があります。

  • ドリンク

酵素ドリンクはジュースのような濃厚な味わいのものから、さっぱりと仕上げられたものまで、製品によって味わいやのど越しに差があります。置き換えダイエットなどに活用されているものもあり、おやつや食事などに替えることもできます。
喉が渇いたタイミングで飲めるので、サプリメントや粉末などの健康食品が苦手な方にも向いています。また、酵素ドリンクには野菜や果物などがたっぷりと含まれているものもあり、栄養価が高いというメリットもあります。

  • 粉末

粉末酵素の多くは、水やお湯などに溶かしてジュースやスムージーにして飲むものや、ヨーグルトなどに混ぜて使えるものなどがあります。 粉末状なのでそのまま口にするのには向いていませんが、いろいろな食品や飲料に溶かして使えるということで、多用途にお使いいただけます。

  • サプリメント

酵素サプリメントは、一日分の酵素が一粒に凝縮されたタイプです。酵素ドリンクや粉末では十分な酵素が摂取できないと感じる場合には、サプリメントをプラスして飲むと良いでしょう。 サプリメントタイプは粉末のように分量を量る必要がなく、ドリンクのようにたっぷりと飲む必要がないので、ダイエット中やカロリー制限をしている時にも使えるアイテムです。

配合されている乳酸菌の種類もさまざまで、一種類だけで腸の状態が改善しない場合は、複数のサプリメントを組み合わせて飲むこともできます。 錠剤タイプなので持ち運びにも便利ですし、外食時や外出先にも持って行くことができるので、もっとも効率的なアイテムと言えるでしょう。

おすすめの酵素サプリメントはこちら

乳酸菌の効率的な摂取方法

乳酸菌の摂取方法には、ヨーグルトやドリンクなどの食品・粉末・サプリメントと大きく分けることができます。

  • 食品

もっとも一般的な食品は、朝食をはじめさまざまなシーンで取り入れることができます。乳酸菌を配合したドリンクはコンビニやスーパーなどでも気軽に手に入るため、健康食品やサプリメントが手に入らない場合に重宝します。

  • 粉末

乳酸菌を配合した粉末は、ヨーグルトに混ぜたり、飲みものに入れるなどして工夫して摂取するタイプの製品です。分量を自由に量ることができ、腸の状態に応じて分量を調節できるというメリットがあります。

  • サプリメント

乳酸菌のサプリメントは、一粒の中に乳酸菌を凝縮して配合した製品です。 ドリンクやヨーグルトなどの製品だけでは十分な乳酸菌を摂取することができないため、サプリメントを組み合わせたり、サプリメントだけで乳酸菌を補う方法がおすすめです。

錠剤タイプなので持ち運びがしやすく、不規則な食生活で乳酸菌を十分に補給できない時にも活用できます。買い物に行けない日でも、サプリメントさえあれば乳酸菌が不足する心配はありません。 粉末タイプのように自分で分量を量って飲む必要もないので、効率的に乳酸菌を摂取したい方に向いています。

乳酸菌を効率良く摂れるサプリメントはこちら

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ