サプリメントで腸内環境を整える  

私たちの体の中には無数の腸内細菌が生きており、老廃物の排出や消化吸収など、腸の動きをサポートしています。 しかしこの腸内環境が乱れてしまうと、元に戻すのは一苦労。そこで、腸内の状態を良好にしてくれるサプリメントを使い、腸内環境を正常化する方法をご紹介いたします。

サプリメントの特徴

腸内環境を改善するためには、善玉菌に力を与えてくれる「乳酸菌」を補うのがベスト。乳酸菌はヨーグルトや飲料にも含まれていますが、一日分の乳酸菌を食品や飲料から摂るのは大変です。 そこで、一日分の乳酸菌が含まれているサプリメントが役立ちます。サプリメントには、1錠あたり何億個もの乳酸菌を一度に配合し、腸内に生きたまま届くように工夫されています。

ほとんどの乳酸菌は消化のプロセスの途中で死んでしまうと言われていますが、たっぷりと乳酸菌を摂取することで、生きたまま届くものが出てきます。 また、継続的に乳酸菌を補うことで、死んだ乳酸菌の死骸をエネルギー源として善玉菌が活動力をアップさせるため、毎日補うにもサプリメントは適しています。 サプリメントは粒タイプなので、持ち運びにも手間がかかりません。

サプリメントの種類

乳酸菌を配合したサプリメントには、アレルギーに強い「L29乳酸菌」を配合したものや、生きた状態の乳酸菌を配合したものなど、さまざまな種類が揃っています。 腸内環境の改善におすすめなのは、生きた状態で配合されていることはもちろんですが、腸にしっかりと届いて働くかどうかということ。

生きて腸に届き、活躍してくれる乳酸菌としては、植物性乳酸菌が代表的。こちらは日本人の腸内環境によく合う乳酸菌と言われており、善玉菌に働きかけを行って、活動を活発にしてくれます。 また、腸内の老廃物を外に排出してくれる食物繊維を配合したサプリメントもおすすめです。乳酸菌と食物繊維の組み合わせは、腸を快適な環境にする理想的なコンビネーションです。食物繊維の他にも、乳酸菌を包んで生きたまま腸に届けてくれる「リンゴポリフェノール」を配合したサプリメントなどもあります。

人間の腸のうち、食べ物の栄養分や水分を吸収する大腸を主な住みかとしている「ビフィズス菌」に直接働きかけてくれるサプリメントもあります。こちらは、元からいる腸内のビフィズス菌に生きた状態のビフィズス菌をプラスして、腸内有害菌の抑制などに加勢をしてくれるサプリメントです。 最新の研究によって生まれた「プラズマ乳酸菌」を配合したサプリメントも腸内環境にとっては魅力的です。風邪などのウイルスを撃退したり、免疫力をアップさせて腸内から全身を健康に導く効果が期待できます。

1種類の乳酸菌だけでは心もとない、もしくは1種類の乳酸菌だけでは便秘解消に効果が出なかったといった方には、複数の乳酸菌を配合したサプリメントがおすすめ。 「乳酸菌革命」のように、3種の乳酸菌と6種類のラクトバチルス菌を配合し、腸内に届いて相乗効果が期待できるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

上記で紹介した乳酸菌のサプリメントは、以下のリンク先で詳しくチェックすることができます。腸内環境が気になっている方や、腸内から免疫力をアップさせたい方におすすめです。

腸内環境改善サプリメントはこちら

管理栄養士の水谷さん

 水谷俊江さんプロフィール

30~40代の大半を南米・北米で生活し、改めて日本人の食文化の偉大さを痛感。帰国後、美容クリニックや企業でのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わる。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとして活躍中。世界中、どこに行っても食べることが趣味。楽しく美味しく食べるため、健康とダイエットをライフワークと考えている。
水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ