免疫力

腸内環境を整えると免疫力が高まる?

健康な人と病気になりやすい人の差は免疫力にあります。免疫細胞の6~7割は腸内にいますので、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが免疫力をアップする秘訣です。免疫力のメカニズムと、免疫力を高める善玉菌の増やし方をみていきましょう。

腸内環境を整えると免疫力が高まるんです

すぐに体調が悪くなって病気ばかりしている人もいれば、風邪一つひかずにいつも元気な人もいますよね。こうした違いは、免疫力=抵抗力の差からきていて、免疫力の許容範囲がどこまで広いかによって変わってくるのです。

当然、許容範囲が大きければ大きいほど、免疫力は高くなり、病気になりにくい身体になります。逆に許容範囲が狭ければ、免疫力が低くなり、疲れやすく病気になりやすい身体になりますよね。

免疫力は、免疫細胞(白血球)の働きに支えられています。免疫細胞は血液の中に含まれる細胞です。免疫細胞の6~7割は腸の中に集中していて、ウィルスや細菌が外から入ってくると、病原体を攻撃して侵入を防いでくれます。免疫力を高める要は、腸内の免疫細胞を活性化させることといえますね。

腸内環境を整えて免疫力アップ!!

腸内の悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなり、腸力(腸の免疫力)も悪くなります。腸内環境を悪化させる原因は、タンパク質の過剰摂取や、脂肪の取り過ぎ、食物繊維の不足です。こうした食生活を続けていると、悪玉菌が増加して腸内環境が乱れます。また、ストレスも影響しますので、現代人の多くは腸内環境が悪化しているといえます。

免疫力を高めるには、善玉菌を増やすことです。乳酸菌には免疫力を高める働きがあるので、たくさん取りましょう。ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌には、善玉菌を増やして免疫力を高める働きがあります。中でもビフィズス菌の効果は高く、ある、乳業会社は乳酸菌の効果を調べ、「ガセリ菌SP株にA型インフルエンザの予防効果がある」と報告しています。

また、酵素も悪玉菌の生成を抑制し、善玉菌を増やす働きがあるので、免疫力アップに効果があります。

乳酸菌と酵素、この二つを摂取することに注目して、免疫力を高めましょう。

食事で免疫力を鍛える

規則正しい食事と適度な運動、充分な睡眠は、免疫力を高める三原則です。中でも食生活は重要で、食べた物によって腸内環境が変わってきます。食材や食べ物の中には、免疫力を高めるものもあるので、そうした食品を積極的に取るように心がけましょう。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富ですが、実は熱や酸に弱いので、そのほとんどは胃の中で死んでしまいます。最近はその弱点に対応するために、生きたまま腸に届くプロバイオティクスのような機能性ヨーグルトも出ています。

同じく酵素も、熱に弱いという特徴があります。酵素を多く含む大根やにんじんを、加熱調理せずに食べ続けるのは少々ハードルが高く感じるかもしれません。サプリメントなどの健康食品を利用して、上手に摂取しましょう。

<その他の免疫力を高める食品>

ヨーグルトの他に、免疫力を高める食材には、きのこやニンニク、とうがらしなどがあります。また、食物繊維やオリゴ糖、ぬるぬるした食材なども積極的に取ると、善玉菌の数が増えて、腸内環境が整います。

■きのこ
体内の活性酸素が増えると、免疫力が低下します。きのこには、活性酸素を下げる抗酸化作用があり、免疫力を高める働きがあります。中でも、しめじ、まいたけ、えのきには、免疫力アップとがん予防効果が高い食材です。

■ニンニク、とうがらし
ニンニクに含まれているアリシンや、とうがらしのカプサイシンが免疫力を高めてくれます。ただし、とうがらしを取り過ぎると逆効果です。かえって免疫力が低下するので、ほどほどにしましょう。

■ぬるぬるした食べ物
さといもがぬるぬるしているのは、ガラクタンとムチンという成分が含まれているからです。これが免疫力を高めてくれます。ただし、下ごしらえをしてぬるぬるを取ってしまうと、免疫力アップの効果はなくなってしまうので、気を付けましょう。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ