便秘

腸内環境を整えて便秘とさよならしたい

悪玉菌が増えると便秘になるといいますが、便秘はどのようなメカニズムで起きているのでしょうか。善玉菌をサポートして腸内環境を整えてくれる物とは何なのかみていきましょう。

便秘と腸内環境について

大腸のお仕事は、食べかすから水分を補給することと、その残りかすからうんちをつくることです。この時、水分をたくさん吸収しすぎると、うんちが硬くなり、便秘になってしまいます。逆に、水分をほとんど吸収しないと、水気の多いうんちになり、下痢になってしまうのです。

大腸の中は、腸内細菌の巣窟です。長さ1.2~1.5mの中には、腸内細菌が約600兆個~1000兆個、重さにすると1~1.5キロも暮らしているといいます。健康な大腸は、善玉菌の数が多く、いいうんちをつくってくれますが、悪玉菌が増えるとうんちを腐らせ、腸内に溜め込んでしまいます。この状態が便秘です。

健康なうんちは、水分が80%で残りの20%が食べかすなどの固形物です。固形物の中には、腸内細菌も含まれています。腸内環境が悪くなると、当然、うんちの中の悪玉菌も多くなります。便秘のうんちが臭いのは、この悪玉菌の仕業なんですね。

女性に便秘が多いといわれていますが、月経によるホルモンバランスの変動が影響しているといいます。無理なダイエットやストレス、トイレの我慢なども関係しているようです。便秘を防ぐには、腸内環境とともに身体のリズムを整えることも重要といえますね。

善玉菌でいいうんちを育てる

大腸にいる悪玉菌が増殖してのさばり始めると、うんちの腐敗がすすんで便秘や下痢になってしまいます。便秘をなくしていいうんちをつくるには、善玉菌をたくさん増やして、腸内環境を整えることが重要です。善玉菌は何もしなければ増えまえせん。善玉菌を増やしてくれる食べ物を食べて増やすことです。

善玉菌を育てる食事には、乳酸菌・酵素・食物繊維・オリゴ糖・水です。中でも、乳酸菌の働きは重要で、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、酸を発生した時の刺激で、腸の動きを活発にしてくれます。さらに消化を助ける酵素は、消化不良による悪玉菌増殖を防ぎます。加えて、乳酸菌のエサになる食物繊維やうんちの材料になる食物繊維をしっかり取ることで、いいうんちが育ちます。

賢く食べて便秘を解消!

便秘対策の食品としてやはり有名なのは、乳酸菌を多く含むヨーグルトです。オリゴ糖をプラスして食べれば、善玉菌がさらにたくさん増えて、腸内環境を整えてくれます。

でも、毎日プレーンヨーグルトでは、飽きてしまいそう。そんな時は少し手を加えて、デザート風のヨーグルトにしてみてはいかがでしょうか。

<ヨーグルトプリン>

ヨーグルトとオリゴ糖を使った簡単なデザートです。オリゴ糖を加えているので、腸内環境が整って、お通じもよくなりますよね。

<材料>

ヨーグルトプリン作りました

・プレーンヨーグルト・・・2個
・オリゴ糖・・・大さじ2
・ゼラチン・・・4g
・水・・・50cc
・バニラエッセンス・・・適量

<作り方>

(1)ヨーグルトにオリゴ糖をかけます。
(2)ヨーグルトの中にゼラチンとバニラエッセンスを加えて、湯せんにかけてよくかき混ぜます。
(3)ゼラチンが溶けたら、お好みの器に入れて、冷蔵庫で20分ぐらい冷やします。
(4)固まったらお皿に盛り付け、オリゴ糖をかけていただきます。

<おすすめトッピング>
酵素を含むキウイやバナナ、リンゴをカットしてトッピングすれば、見た目も華やかになり、便秘解消効果もさらに期待できます。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ