アトピー(アレルギー)

腸内環境の善し悪しがアトピーに影響?

アトピーは食生活やストレスが原因だと言われてきましたが、実は腸内環境にあります。どんな関係があるのでしょうか。アレルギーのメカニズムと併せて見ていきましょう。

アトピーのきっかけは免疫細胞

アトピー性皮膚炎を含むアレルギー症状の発症には、免疫機能が大きく関わっています。もともと人間の身体には免疫機能が備わっていて、ウィルスや細菌が侵入してくると免疫細胞が総攻撃を加えてブロックしてくれます。この時、再侵入に備えて抗体をつくりますが、免疫細胞が誤動作を起こすと過剰生産してしまいます。また、アレルギーに関係する2種類の免疫細胞のバランスも崩れるため、アレルギー症状を引き起こすと言われています。

さらに、最近の研究では、アトピーと腸内環境の関係が明らかになってきました。

腸内環境は、小腸の出口から大腸の入り口までの、腸内フローラのことを言います。ここには、善玉菌と悪玉菌が共存していて分解作業を行っています。

アトピー体質の人の腸内は、悪玉菌が天下を握り、毒素や有毒ガスが発生しています。腸は毒素まで吸収してしまうので、それが全身を巡ってアトピー症状が現れます。また、腸内環境が乱れると、腸内にいる免疫細胞がパワーダウンして免疫力が低下します。こうしたことが重なり、アトピーを引き起こすのです。

腸を元気にすればアトピーが改善する!?

実は免疫細胞の6~7割が腸内に集中しています。身体全体の免疫力の要となるのが、腸ということです。

つまり免疫の低下や、免疫細胞のバランスの乱れが原因として発症するアトピーを緩和するには、腸内の免疫細胞を活性化させればよいのです。

そのためには、腸内環境を整えること、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つことが重要です。タンパク質の過剰摂取や、脂肪の取り過ぎ、食物繊維の不足、ストレスなど、些細なことで悪玉菌は増殖し、腸内環境は乱れがちです。常に、善玉菌を増やすことを心がけましょう。

アトピーを緩和するには善玉菌をどうしたらいい?

善玉菌そのものや、善玉菌を増やす助けとなる食品を摂取することで、悪玉菌の増加を防ぎ、免疫力を高めましょう。

●乳酸菌
善玉菌を増やすには、乳酸菌の多い発酵乳や、善玉菌が喜ぶ食物繊維をたくさん取ること。乳酸菌を含む食品には、ヨーグルトや納豆、漬物などがあります。
●酵素
善玉菌を増やすには、毎食きっちり消化しきること。酵素は消化の助けをします。消化不良で残ってしまった食べ物は悪玉菌のエサになります。酵素を含む食材は、発酵食品、大根、りんご、セロリなどです。

  • うんちで検証!酵素サプリの効果 詳細を見る!
  • 酵素で変わる?腸内フローラ検査レポート

pagetopへ